メロンの村田とは?

美味しさに感動できるメロンをより多くの方に食べていただきたい…。

それが創業当初からの“メロンの村田”の思いです。

メロンづくりは12月のハウス管理から始まり、1月の定植など冬の寒い時期から始まります。​メロンはもともと亜熱帯の果物となります。なので冬の時期の温度管理にはとても気を使います。寒すぎても暑すぎてもよくありません。そこで大切になるのは温度・土・水、そして昼夜の寒暖差。その差があるほど良いメロンに育つ。そしてこまめな温度管理、水の調整、細部に渡るハウス管理など地道な作業が収穫まで続きます。

メロンづくりに適した鉾田市にファームを構えて50年。ただひたすらにメロンづくりに没頭し、現在に至ります。おいしいと言ってくださるお客様の声、ファームに足を運んでくださるお客様が増えてきました。その期待に答えるべく、“メロンの村田”は、日々の精進を忘れることなく、今日もひとつひとつのメロンに愛情を込めて育てております。

栽培中のメロン
メロン